MENU

坐骨神経痛

1. あなたの腰の痛みの正体は坐骨神経痛なのでしょうか?

腰が痛かったり、腰や臀部(お尻)から脚にかけてズキズキ痛んだり、腰や臀部(お尻)から脚や足先が、ジンジンしたり、ビリビリしたり、ジワジワピリピリしたりして痺れる感じがして痛かったり、怖くて整形外科など病院に行くと「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」と診断されることが多いですね。


そのため腰痛やおしりから足にかけての痛みがあると、「坐骨神経痛」というものなのかな?と思われる方も多いでしょう。

 

あなたのその腰の痛みや臀部(おしり)から脚(足)にかけての痛みは、坐骨神経痛なのでしょうか? 

坐骨神経痛の症状の代表的ものは、

 

腰痛があり同じところにしびれや何ともいいがたい違和感がある。
腰痛があるが、腰の痛みとは違う場所に痺れや違和感が何とも説明しがたい感じである。
腰やおしりから足にかけて、「太もも」や「ふくらはぎ」や「すね」や「足の先」などが、ズキズキ痛む、電気が走ったような痛み、ピリピリとした痺れ、ジンジン痺れて眠れない。
足の付け根、尾骶骨(びていこつ)や、お尻の真ん中(お尻の中)に痛みや痺れがある。
足に力が入らない、あるいは、脚に力が入りにくい。
痛みをかばうため、歩き方がおかしくなって、歩くのが困難になっている。
腰やおしりから足にかけての感覚がおかしい。
「腰」や「お尻」、「太もも」、「ふくらはぎ」、「すね」、「足」、「足の先」が冷たくなって、固まっているように感じる。
足を動かしたり、前屈や、ひねりやねじりのある動作をしたりすると痛みやしびれが強く
体を動かすこと、歩くことが困難で、寝るのも辛い。
座ったり、しゃがんだりすることが、痛みやしびれ、麻痺、違和感等のため辛くて、排尿・排便が苦しい。

 

などが挙げられ、坐骨神経痛は、腰、臀部(お尻・腰のあたり)から脚(足)、足元、太腿から爪先までにかけての色々な痛み、痺れ、違和感など症状が出ます。

 

この坐骨神経痛の様々な痛みや、痺れ、などの違和感のある症状は、臀部(お尻・腰のあたり)からず~っと脚を越え、足の先、爪先まで伸びている人の体の中で一番太くて長い末梢神経の『坐骨神経』の範囲で、この神経が圧迫されたり、刺激を受けたりして起こる起きている痛み、痺れ、違和感なので、坐骨神経痛と呼ばれるわけです。

 

坐骨神経痛の痛みや痺れなどの違和感は、挫骨神経痛の症状の出ているその痛みのあるところに痛みの原因がある場合もありますが、痛みの原因は痛みのあるところではなく離れたところにある場合もあります。

2. そもそも坐骨神経痛(挫骨神経痛/座骨神経痛)とはなんなのでしょう?

坐骨神経痛(挫骨神経痛/座骨神経痛)は、症状名にも病名(疾患名)にもなります。

 

「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」と書いたり、「挫骨神経痛(ざこつしんけいつう)」と書いたり、「座骨神経痛(ざこつしんけいつう)」と書く場合もありますが、その坐骨神経痛(挫骨神経痛/座骨神経痛)とは、いったい何なのでしょう? また、その原因は何なのでしょうか?

 

坐骨神経痛は、特定できる病名(疾患名)が他にあり、坐骨神経痛は症状のひとつという扱いになる場合と、特定できる病名(疾患名)がハッキリしないため、坐骨神経痛を病名(疾患名)にも充てる場合があります。

 

坐骨神経痛が症状のひとつとして扱われる場合は、検査等で原因の特定をはかり、原因となる病名(疾患名)が、はっきりと判る場合です。その時には、坐骨神経痛は症状のひとつとなります。

 

「坐骨神経痛」が、病名(疾患名)であり、症状名でもある場合というのは、検査等で原因が特定できない場合で、その場合には、「坐骨神経痛」を病名(疾患名)に充てることになります。


原因が特定できて坐骨神経痛が症状となる場合の疾患で最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアです。 原因が特定できる疾患は、腰椎椎間板ヘルニアの様に画像診断で判断できる下記のような疾患等になります。

「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」

椎体(ついたい)という骨が連なって出来ているのが背骨です。この椎体と椎体の間には、クッションの役目を担う椎間板という軟骨があります。その椎間板の内側の髄核という組織がはみ出したり、飛び出したりしてしまっているのが、椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)です。

 

この椎間板ヘルニアが、腰の部分の椎間板で起こって、坐骨神経を圧迫したり、刺激したりして坐骨神経痛を引き起こしている場合、坐骨神経痛は一つの症状で、坐骨神経痛を起こしている原因である病名(疾患名)は、腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)となります。腰椎椎間板ヘルニアは、若年者から高齢者まで幅広い年代でみられます。

 

中腰や前傾姿勢(前かがみ)などの同じ姿勢を長時間続けたり、急に重い物を持ち上げたりした時に発症する危険性があります。通常は痛みを緩和する薬や注射などを使って症状を治めますが、症状が重く 排尿障害や、足のしびれが2〜3カ月以上続く場合は、手術を行います。

 

 

「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」

 

背骨の中には、運動神経と知覚神経を保護する脊柱管(せきついかん)と呼ばれる空間があります。腰のあたりの脊椎管は、5つの腰椎が靱帯(じんたい)と椎間板(ついかんばん)で繋がっていています。

 

下から1つ目と2つ目の腰椎(ようつい)と呼ばれるの部分の脊椎管の中には、脊髄馬尾神経(せきずいばびしんけい)と馬の尻尾ににた神経が入っていて下肢に行く神経を分岐させています。

 

先天的な原因の場合もありますが、多くは老化による腰椎(ようつい)の変形で椎体(ついたい)に骨棘(こっきょく)が出来たり、椎間関節(ついかんかんせつ)や黄靱帯が肥厚(ひこう)したりして、脊柱管が狭くなるのが、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)で、脊柱管の中が狭くなったために馬尾神経が締め付けられて起こります。

 

背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、馬尾神経が締め付けられるために、下肢がしびれたり脱力感を感じる等の坐骨神経痛の症状が出るのです。

 

椎間板ヘルニアの腰の痛みとよく似ているのですが、ヘルニアの場合は、前傾姿勢になると症状が強まり、この腰部脊柱管狭窄症では前傾姿勢になると症状は弱くなるという違いがあります。

 

 

「変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)」

 

腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアのところでも出てきた背骨の椎体(ついたい)と椎間板(ついかんばん)ですが、その椎体の端側がボソボソ割れたり、トゲトゲ、ガサガサ、ピシピシ裂けていたり、椎間板が歪んだり、すり減ったりして、変様したために坐骨神経痛の症状が出ます。

 

骨や椎間板の加齢・老化や、同じ姿勢を長時間続ける、運動や作業で腰に過度の負担で疲弊することを起因として、神経が圧迫されてドーンと鈍い腰痛や、だるい、重いなどの腰の痛み、足のしびれ、足の灼熱感や冷感がある、おしりから足にかけての広範囲での痛みなどが起こり、休みながらでないと歩けなくなります。


上記のように原因となる病名(疾患名)がはっきりと判り、原因が特定できる場合は、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」や「変形性腰椎症」の他、根性坐骨神経痛(こんせいざこつしんけいつう)、腰椎すべり症(ようついすべりしょう)、梨状筋性坐骨神経痛(りじょうきんせいざこつしんけいつう)、腰椎性坐骨神経痛(ようついせいざこつしんけいつう)、腰椎分離症(ようついぶんりしょう)などが病名(疾患名)となり、坐骨神経痛は、その原因がもたらす症状ということになります。

 

しかし、その坐骨神経付近の腰やおしりから足にかけての痛みや痺れ、違和感の原因が特定できない場合は多く、その場合は、病名(疾患名)に症状の「坐骨神経痛」を充て、病名(疾患名)も症状も坐骨神経痛ということになります。

3. 坐骨神経痛を放置すると生活に支障をきたします

坐骨神経痛をそのまま放置してしまうと、今ある腰、臀部、おしりから足、太腿から爪先までにかけてのさまざまな痛みや、痺れ、違和感のある症状に何度も襲われます。


ひどくなった場合には、座ったり、しゃがんだりすることが、困難になり、排尿・排便が苦しくなったり、歩行が困難になったりします。 また、痛くて寝れない、眠れないなど生活に支障をきたすことになりかねません。

4. 坐骨神経痛の治療方法と改善方法

病院で行われる挫骨神経痛の治療方法は、整形外科へ行くと、まず原因を特定するためにヒアリング、CTスキャン、MRI検査、ラセーグテスト、SLRテスト、そしてレントゲンに触診などの検査が行われます。

 

坐骨神経痛の原因が特定できる場合も原因が特定できない場合も、その痛みを緩和させるために、内服薬や座薬、硬膜外ブロック注射や神経ブロック注射などの薬物療法がおこなわれます。また、冷感療法や温熱療法がおこなわれる場合もあります。

 

坐骨神経痛の原因がはっきりと判明し、手術によって原因が取り除かれ回復すると考えられる場合は、手術が行われます。

 

坐骨神経痛の原因がハッキリせず特定できない場合がかなり多いのですが、その場合は、坐骨神経痛という症状が病名(疾患名)としても扱われ、痛みの緩和のため薬物療法で対症療法を行います。


そして、坐骨神経痛を緩和したり、予防するための方法として、重たい物をもたない、長い時間同じ姿勢はしない、激しい運動の禁止、減量、安静にする、腰周辺の筋力をつける、などの生活習慣の改善と、痛みの緩和のために、ホットパックや温浴など幹部を温めることを提案されます。

 

坐骨神経痛の原因がハッキリせず特定できない場合が多いのは、人間の体は、そうそう単純ではなく、それぞれに理由や絡みがあって痛みやしびれ、違和感が出ているためです。


整形外科などの画像診断でその痛みの出ているところだけを検査、診断するのでは判らないだけなのです。

その痛みの原因、起因している根本的な原因は必ずあります。それをあなたの体が訴えて痛みやしびれ、違和感を出し訴えているのです。

 

例えば、坐骨神経痛は、筋肉の過緊張によって起こる場合も多いです。
筋肉の過緊張は、背骨や骨盤にゆがみのために起こっていたり、股関節や仙腸関節といった関節の可動域が低下して、体全体のバランスが崩れ、無理やりバランスをとるために踏ん張り余計な力が入りっぱなしで疲労して起こっていたりと様々です。

まずは、体の声を聞き、


根本原因を探らなければ、坐骨神経痛を治療・改善に導くことはできません。

坐骨神経痛の根本原因がわからないまま痛み止めなどの薬物対処療法に頼らず、体の声を訊き体全身のバランスを整える必要があるのです。


新着情報

アクセス

 

〒135-0004 東京都江東区森下5-20-6 KK-RETREAT101


© 2018 ひつじ整骨院 All rights reserved.